出遊影音雜誌

翌朝の目覚めがスッキリ!寝る前1時間におすすめのヨガポーズ3選

配信 2018.10.10 | 更新 2018.10.10

翌朝の目覚めがスッキリ!寝る前1時間におすすめのヨガポーズ3選

お休み前の1時間でできるヨガポーズで、朝の目覚めをスッキリさせませんか?「半円のポーズ」、「三角のポーズ」、「開脚した前屈のポーズ」で、疲れた体をリフレッシュして、快眠できる体をゲットしましょう。

「半円のポーズ」で疲れた体をリフレッシュ

[ ]

「半円のポーズ」

半円のポーズ(アルダマンダラ・アーサナ)」は、朝の目覚めが良くない方やぐっすり快眠したい方にぴったりのヨガポーズです。

体側が伸びて呼吸が深まる

右手をゆっくりと床から離して、上に伸ばします。 骨盤とおへそを正面に向けて、目線は自然と上方向を見るようにしましょう。

二の腕側から天井を見る

右腕を耳横に近づけて伸ばし、二の腕側から天井を見ます。 このとき、前かがみにならないように注意しましょう。 外ももも気持ちよく伸びていきます。

右足と右手を遠ざける

右手と右足を遠くに伸ばして引っ張り合うようなイメージで行うことで、右側の体側の伸びをより感じられます。

特典あり

店舗詳細を見る

スタジオ・ヨギー

SHOP INFO

スタジオ・ヨギー[スタジオヨギー]

東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F

03-6212-6851

目覚めが良くなる「三角のポーズ」

[ ]

三角のポーズ

目覚めが良くなる「三角のポーズ(ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ)」で、“夜は快眠・朝は気持ちよく起床”を目指しましょう!

左のかかとの延長上に右足の土踏まずを置く

まず、足を大きく開き、左つま先を外側へ向けます。 つぎに右手を腰にあてます。 左手はももに置き、足に滑らせましょう。

手の位置は自分にあった位置で

上体を真横へ倒す際、手の位置はすねまで届かなくても床についてもOK。 自分にあった位置に置きましょう。

前かがみにならない

右手を上げ、指の先を見ると「三角のポーズ」の完成です。 脇腹(腹斜筋あたり)を意識して、 腹斜筋とももの裏が伸びるのを感じて。

特典あり

店舗詳細を見る

スタジオ・ヨギー

SHOP INFO

スタジオ・ヨギー[スタジオヨギー]

東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F

03-6212-6851

「開脚した前屈のポーズ」で血行を促進

[ ]

開脚した前屈のポーズ

開脚した前屈のポーズ(プラサリータ・パドッターナ・アーサナ)」は、心臓より頭が下に来ることで血行を促進し、目覚めをすっきりさせたり、体の冷えを改善する効果が期待できます。

上体を引き上げる

まずはじめに、直立した状態で腰に手をあて、足を大きく開きます。 このとき、上体を引き上げて体を安定させましょう。

ももの付け根を後ろに引くようにする

上体を引き上げながら、ももの付け根を後ろに引くようにして上半身を倒します。 頭が体の遠くを通るようなイメージで行いましょう。

お尻はかかとのライン上

指先を床につけます。 難しい場合は、膝を曲げて行いましょう。 膝を曲げた状態でも、背中は丸めないように注意します。 かかとの上に骨盤があるのが正しい位置です。

特典あり

店舗詳細を見る

スタジオ・ヨギー

SHOP INFO

スタジオ・ヨギー[スタジオヨギー]

東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F

03-6212-6851

朝食を食べて目覚めスッキリ!朝食におすすめ3店舗

[ ]

朝食におすすめ3店舗

朝スッキリ目覚めるために朝ごはんは不可欠。 食べることにより体温が上がり、脳や胃腸が活発化します。 便のリズムを整え、便秘の改善につながったり、痩せやすい体になるメリットも。

「おにぎり屋シチロカ」

人形町にある「おにぎり屋シチロカ」は、おにぎり専門店。 お好みのおにぎりとお惣菜を選べます。 自家製の塩麹に2日間漬け込んだ鮭は、ほどよい塩加減で朝ごはんが進みます。

「GOOD MORNING CAFE 中野セントラルパーク」

「GOOD MORNING CAFE (グッド モーニング カフェ)中野セントラルパーク」は、緑あふれる公園の中で朝8:00から朝食を楽しめるカフェです。

「THE TENDER HOUSE DINING」

白金台「THE TENDER HOUSE DINING (ザ テンダーハウス ダイニング)」の健康的な野菜たっぷりモーニングで、心身ともにリフレッシュしましょう。

目覚めの良いからだをつくる ~おすすめのヨガポーズ~

[ ]

目覚めの良いからだをつくる ~おすすめのヨガポーズ~

眠る前に行うことで、質の良い眠りを誘うヨガをご紹介します。 その日の体調に合わせて、できる範囲で行ってみましょう。 一日の疲れをほぐし、ゆったりとした時間を過ごして、体の緊張を取りのぞきましょう。

呼吸のしやすい体に整える「パリガ・アーサナ」

膝立ちになり、右の足を体の横に伸ばします。 左腕を横から上に上げて右足の方へ体を倒し、ゆったりと呼吸を繰り返します。

安眠を誘う「バッダコーナアーサナ」

背筋を伸ばし、安定するように座ります。 左右の足裏を合わせ、両手で足首をつかみ、息を吸って背筋を伸ばし直しましょう。 最後に上体を起こし、息を吐いて前屈します。

安眠効果が期待できる「腹式呼吸法」

下腹部あたりに手をそっと添え、 吐く息でお腹をへこませます。 吸う息で、お腹を解放するように広げましょう。 吸う息と吐く息をなめらかに落ち着いて繰り返します。

関連する記事